マフィンはこんなふうに

焼けば
元気になる

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

泣きたいことがあったらマフィンを焼けばいい。こう書いたのは、たしか作家のウイリアム・サローヤンだったでしょうか、ちょっと失念してしまいましたが、誰かの本にそう書いてあったのは確か。そして、なんだかわかるのです。マフィン生地をせっせとこねる。型に流してオーブンで焼く。キッチンが甘い香りでいっぱいになる。ふっくら丸くてかわいらしいマフィンができる。そうすると不思議と元気が出るというか、私は大丈夫と思えるのです。

ずいぶん昔のことですが、ニューヨークの「サラベス」で食べて、そのおいしさにびっくりしたジンジャーマフィンを再現してみました。バターの代わりにオリーブ油を使います。作って食べると、本当になんだか元気が出るおいしいマフィンです。

材料(6コ分)

無塩バター…適量

薄力粉…165g

グラニュー糖…100g

ベーキングパウダー…小サジ1杯

塩…少々

しょうが(みじん切り)…25gほど

玉子…1コ

牛乳…110g

オリーブ油…55g

レモンの絞り汁…少々

マフィン型にバターをしっかり塗ってから生地を流し入れましょう。

作り方

1 無塩バターを湯煎にかけて、溶かしバターを作ります。

2 刷毛を使い、マフィン型の内側に、溶かしバターをたっぷり塗ります。

3 しょうがの皮をむき、みじん切りします。

4 ボウルに、薄力粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩を入れて、泡立て器でかるく混ぜ合わせ、ふるいにかけます。しょうがを20gほど加えて、よく混ぜ合わせます。

5 別のボウルに、玉子、牛乳、オリーブ油、レモンの絞り汁を入れ、なめらかになるまで、泡立て器でよく混ぜて、生地に加えます。

6 ゴムベラを使って、やさしく混ぜ合わせます。

7 マフィン型に生地を均等に入れ、残りのしょうがを上にトッピングします。

8 200℃に余熱したオーブンで10分焼きます。そのあと、温度を180℃に下げ、ふたたび10分ほど焼きます。全体がキツネ色になり、竹串をさした時に、すっと抜けるくらいになったら、オーブンから取り出します。粗熱を取って、出来上がりです。

とにかく焼き上がりがかわいらしいのです。
2016年1月5日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
3 件のコメント

ほんとうに元気になれます!ぷっくりふくらんでとってもきれいに焼き上がります。中はしっとり。しょうが好きには、たまらないおいしさです。早起きして作って朝に食べると一日中ハッピーです✨しあわせレシピに感謝しています✨

「焼けば元気になる」本当に心が前より少し前に進んだ気がしました。

おいしい生姜がお店にならんでました。さっそく新生姜で作りました!!娘が心配してそんなに生姜いれてわたし食べれるかなと。出来上がり口にいれた爽やか感に感動冷やしてもまた美味♪夫も娘も美味しくいただきました♪

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「あこがれる」のその他の記事

C9e6c6a143943b0e05e7c8eec8ee4ae5d3c804dc5e6cef514df1a1660bf8288f

むつかしく ありません

じんわりと心にしみいるような、おいしいみそ汁がいただける毎日にあこがれます。
2845ef47ee28fc264fd833a53ecf66bbdf37297b0e8d44dddf7c8115fd1f1654

日本の 大切な味

日本の味。ぜひ覚えたい白和え衣の作り方です。
6fd844a2bb33cfdba0f5ac6dd804afd97403952b5d60300313575574da043173

たのしい 裁縫 6

スカートやズボンなど、裾上げが美しく仕上がると嬉しいですね。きほんのまつり縫いを紹介します。

新着記事

4424d90239eb76f4ca7d239aa5c7b0b3a9ed61433273e1d213e53bf73d328eec

チーズたっぷり イタリアのおかゆ

スープを使わずにかんたんにできる、パルミジャーノチーズをたっぷり使ったリゾットはいかがでしょうか。
Cc3d8c1bb0a835d8dfadd1e26a1fd01066ef9a321984fe54764c0fe2e545c5cf

じっくり焼く フレンチのきほん

フランスの家庭料理の定番、そして人気の屋台料理でもある、じゃがいものガレットはいかがでしょうか。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ