おいしい白和え衣

日本の
大切な味

文:田中真唯子 写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

おいしい白和えをいただくと、ああ、これは日本の大切な味。こういう料理はしっかり守っていかなければと切に思います。ほうれん草、にんじん、こんにゃく、ひじき。りんごや柿といった果物でさえ、白和え衣をこしらえておけば、さっと和えるだけで、おいしい小鉢をお出しできます。

そのままでも、豊かな大豆の甘みとコクをたっぷり味わえて、大変おいしく召し上がれます。きほんの白和え衣を紹介します。

きほんの白和え衣

材料(作りやすい分量)

絹ごし豆腐…300g(およそ1丁)

白ごま…大サジ1/2杯

砂糖…大サジ1杯

みりん…小サジ1杯

うす口しょう油…小サジ1杯

塩…ひとつまみ

酒…少々

作り方

1 豆腐を8等分に切ります。湯を沸かした鍋に入れ、中火でゆがきます。

2 豆腐が水面に浮いてきたら、ザルの上に上げて冷まします。

3 冷めたら、キッチンペーパーに包み、巻き簾で巻きます。巻き簾をお持ちでない場合は、キッチンペーパーを重ねて、厚めに包みます。上から、まな板など、豆腐全体に均一に重みがかかるような重しをのせて、2時間ほどおきます。

豆腐の水切りがおいしさのコツです。

4 白ごまをかるく煎り、すこし粗めにすります。

5 鍋に酒を入れて、火にかけ、十分に沸騰させたら、火を止めます。

6 すり鉢に、水切りした豆腐、調味料をすべて入れます。なめらかになるまで混ぜ合わせ、2〜3時間冷やせば出来上がりです。冷蔵庫に入れて1~2日で食べきるようにしましょう。

食感の味見をしながら、しっかり混ぜ合わせましょう。

「きほんの白和え衣」のレシピをみる

2015年12月25日
文:田中真唯子 写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

白和えは祖母の味です。子どもの私はすり鉢を押さえて、調味料を言われるように入れるのが仕事でした。旬の野菜を彩りよくだしで煮、和え衣で和える。私の暮らすここ信州東部地域は昔から胡桃の産直。胡麻の代りに香ばしく胡桃をすり鉢で煎って作りました。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「あこがれる」のその他の記事

C9e6c6a143943b0e05e7c8eec8ee4ae5d3c804dc5e6cef514df1a1660bf8288f

むつかしく ありません

じんわりと心にしみいるような、おいしいみそ汁がいただける毎日にあこがれます。
328186d6c7e6ed951f19204c738c48558861cd67e3f845ab70eec0186c466184

モン・サン ミシェルへ

モン・サン・ミッシェル名物、世界一のスフレ・オムレツを家庭で。
6fd844a2bb33cfdba0f5ac6dd804afd97403952b5d60300313575574da043173

たのしい 裁縫 6

スカートやズボンなど、裾上げが美しく仕上がると嬉しいですね。きほんのまつり縫いを紹介します。

新着記事

058a4016561a1097a0d35e46c3ece687691a0b4199bdc6017046300d997fbe49

サクサクでうれしく じゅわっとおいしく

手でつかむようにせっせと練って、カタチをていねいに整えて、じっくりと焼くハンバーグのおいしさは、まさに家庭の味です。
NEW
C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ