きほんのチキンソテー

カリカリで
ふっくら

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

鶏もも肉のチキンソテーをおいしく焼きましょう。鍋のフタをギュッと押し付けて、鶏肉を平らにして焼くと、まんべんなく火が入り、ふっくら焼き上がります。あとは、皮をじっくりカリカリになるまで焼くことです。クリスマスの一皿にも喜ばれるでしょう。ぜひお試し下さい。マヨネーズを塗って、チキンサンドイッチにしても、とてもおいしく召し上がれます。

材料(2人分)

鶏もも肉…1枚(180gくらい)

オリーブ油…小サジ2杯

塩…少々

黒コショー…少々

粒マスタード…適量

鍋のフタを押しつけて、鶏肉を平らにして、皮からじっくり焼くのがコツ。

作り方

1 鶏肉の白い脂身とスジを切り、半分に切り、両面に塩と黒コショーをして、なじませます。

2 フライパンにオリーブ油を入れ、強火に熱して、鶏肉の皮を下にして入れます。

3 鶏肉を、鍋のフタで押しつぶすように、ぎゅっと押さえながら焼きます。鶏肉が平らになったら外し、中火で5分ほど焼きます。(ちょうどよい鍋のフタがない場合は、平たいお皿で代用してください。)

4 皮がカリカリになったら、裏返して、弱火で3分ほど焼きます。

5 アミをおいたバットに鶏肉を上げて、休ませます。

6 バットに落ちた油をスプーンですくって鶏肉にかけます。

7 食べやすい大きさに切り分け、お好みのゆで野菜と、粒マスタードをたっぷり添えて、出来上がりです。

8 もう1枚の鶏肉も同じように焼いてください。

粒マスタードをたっぷりつけて召し上がり下さい。

「きほんのチキンソテー」のレシピをみる

2015年12月24日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

明日はチキンソテーにしようと、この画面を布団の中で見て決めました❗シンプルで美味しそう🙆茹で野菜をたっぷり添えます。

この通りに作ったら、本当に外はカリカリで中がやわらかく出来ました!最初にフタを押しつけるのですね。これもまた子どもに大好評でした。クリスマスに作ります!とてもうれしいです。ありがとうございました。感謝♡

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なるほど」のその他の記事

F198d4922188ce5b8c70ac3868403772cbf5239760708d73eff35e63d5709bb0

みそのこと いろいろ

みそを今日はこんなふうに。
F8daae81e3848b439db349fa07bc1632d152a7d5aba5b9b9b4a522dcfe54cd39

つつんで やすませる

ビーフステーキの焼き方には、こんなにコツがありました。
Bf54ac7f659524d55f56fbafe049727721b7b1c83b4823f0052ecf5d9cf719a2

サニーサイド アップ

こういう目玉焼きが食べたかった。焼き方にはコツがありました。

新着記事

C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。
E1ca91475735453525dc6cc67d56639fd8c4d1c4a129969ba86ea75b8cb76b8a

ふろふきは やさしい母の味

家庭料理の定番、ふろふき大根はこんなふうに。一口食べればからだがぽかぽかとあったまります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ