くらしのきほんブックガイド9

お母さんへ、
お父さんへ

文・写真:松浦弥太郎
文字サイズ

いつどんな時でも、なにがあろうとも、この本だけは無くさないように、すぐに手が届くところに置いておきたい。目に見える場所にあってもらいたい。そんなお守りのような本がある。児童精神科医、佐々木正美さんの『子どもへのまなざし』だ。

『子どもへのまなざし』佐々木正美(著)山脇百合子(画)福音館書店

最初は育児のためにページを開いた。そのくらいに育児に悩んでいた。どうしたらよいのか。どう考えたらよいのか。そんなふうに、何もわからない日々がつらかった。自分には育児ができないんじゃないかとさえ思った。

そんな時、ふと本屋で見つけた『子どもへのまなざし』だった。表紙は『ぐりとぐら』で知られる山脇百合子さんのイラスト。あの懐かしい絵のタッチに安心感を感じた。

ぱらぱらっとページを開いた。「お母さんへ、お父さんへ」というタイトルがあった。読むと、その時の自分のために書かれたような言葉があった。こうしなければいけない。こう考えなければいけない、という教えはどこにも書かれてなく、育児とは、自分と向き合い、子どもと向き合うこと。それによって自分も、子どもに学ばされ、子どもに育てられる。育児とは、子どもと共に、親も成長するための日々である、とあった。

「幼少期に自分が望んだように育てられれば育てられるほど、人を信じることができるようになる」。佐々木正美さんの言葉だ。

子どもへのまなざしは、大人へのまなざしでもある。

育児とは、してはいけないことを教えるのではなく、したいことを存分に与えてあげること。求める気持ちをたっぷり満たしてあげること。よって、子どもの望みを何でも聞いてあげることが、子どもの依頼心を強くするという。

決して子どもをわがままにするのではなく、常に信頼できる人がそこにいるという安心こそが、子どもの成長に最も必要だという考えには、目からウロコが落ちた。とはいうものの、それが過干渉や、親の押し付けにならないようにという注意にも膝を打った。

欠点のある子どもは必ず長所もある。なんてすてきな言葉だろう。

そして、育児に最も大切なことは、子どもの自尊心を傷つけないこと。自尊心を傷つけられ、自己肯定感を失ってしまったら、子どもに限らず人は誰でも、希望をもってがんばって生きていくことができなくなる。また、思いやりのある子に育ってほしければ、親の自分が子どもを十分に思いやればいい。子どもは自分が思いやられて育ったあとで初めて、他人を思いやることができる人になる。「思いやりは身近な人とともに育つ」と、佐々木さんは言う。

「育児に失敗があるとしたら、その多くはいそぎすぎによるものだと思います。そのつぎが手ぬきでしょう。ですから、いそがず手をぬかずに心がける、これが育児のコツですね」。これを読んだとき、我に返ったような気持ちになった。育児だけでなく、暮らしにも仕事にも共通すると思ったからだ。

しつけとは何か。しつけとは、くりかえし教えること、そして、待つこと。

育児を終えた今、『子どもへのまなざし』は、いつしか自分のために読んでいる。大人という、大きな子どもが、この厳しい社会を、人とどんなふうに生きていくべきかのヒントが詰まっているからだ。『続』と『完』と、本書の、三冊シリーズ。

この本に手を置くと気持ちがおだやかになる。

2015年12月19日
文・写真:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
6 件のコメント

本当に、産まれてくる前に読めてよかった。。。

育児は育自、そうこの本は教えてくれます。
間違っていても責められること無く、気づいた時からやり直せばいいんだよ、そんな風に一緒に歩いてくれる本だと思います。

私も今読んでいます。10ヶ月の息子と一緒なので、途切れ途切れにしか読めませんが、この本を読むと心が落ち着きます。以前は泣き止まないとイライラしたりすることもありましたが、育児の奥深さを少しずつ自分なりに理解し考えられるようになりました。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「よむ」のその他の記事

79e60cb6750a1b1c49004fffd260c620ec084a8ffd2c395f7495ffb2616d0c28

やさしく あるために

貝原益軒の『養生訓』から学ぶ、今日をどう生きるのか。心得はなにか。
4229653ae9f4526a01ec94b241a1e4e96fafa76e645bb4ff3515115b3191dd7e

人生いろいろ

普通の人の実話。『ナショナル・ストーリー・プロジェクト1』。
75326d2b4fc7ac7a429e719c60480349d26b18c4d38985686757c9d6676c0460

草花の うんちく

植物分類学者、牧野富太郎の名著『植物一日一題』を読む。

新着記事

30324d56ce41b8464e640b281869d9dab0d4b9c6c6d10bf9e4d536d681ba5c0e

あつあつで ポカポカな

トマトと唐辛子のソースがおいしいペンネ・アラビアータ。ひとくち食べれば、体がポカポカにあたたまる、そんな人気のパスタ料理です。
D1f05de653bf016c7be9c05dff7c2c231d2df85f03652ea07de5f32c9fb98bef

おから煮は 母の味

低カロリーで栄養満点な、おから煮を作りましょう。そのおいしさでご飯をおかわりしたくなる大人気のおそうざいです。お弁当のおかずにも大活躍します。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ