塩と砂糖としょう油

素材の味を
生かす

文:松浦弥太郎 
文字サイズ

一番大切な塩のこと

料理で一番大切なのは塩の選び方と塩加減であると、多くの料理人がおっしゃいます。

塩は精製塩(化学的製法で作られた塩化ナトリウム)ではなく、粗塩(精製されていない)がよいでしょう。違いをかんたんにいいますと、ミネラルの有りと無しです。粗塩にはミネラルが含まれているので、しょっぱいながらの甘みというおいしい味があります。また、粗塩は味がまろやかで日本食に向いています。

他に、フランスのゲランド塩を備えておくのはいかがでしょうか。日本の粗塩と、ゲランド塩をふたつ用意しておいて、料理によって使い分けるとよいでしょう。サラダやパスタ、焼き物など、万能に使える塩として便利です。たとえば、目玉焼きには、粗塩よりも、ゲランド塩をぱらぱらとかけていただいたほうがおいしいです。

ゲランドの塩とは、フランス・ブルターニュ半島南部の、塩の産地として有名なゲランドで作られる海塩のことです。1000年近い昔ながらの伝統製法を守り続け、塩職人によって丹精こめて作られています。ゲランド塩の中にも、粗塩や、海藻入りの塩などいろいろとありますので、お好みでお選びください。今ではフランスのシェフだけでなく、世界中のシェフにとってなくてはならない塩といえるでしょう。

しかしながら、輸入塩については、安全基準や表示基準が存在しませんので避けたほうがよいという意見もあります。

2002年に塩の販売について、自由化され、今では様々な塩が選べるようになりました。今では1000種類を超える塩が販売されています。

しょっぱいよりもおいしい塩を

砂糖はどうでしょう。

砂糖といえば、白砂糖とグラニュー糖を思い浮かべる方が多いでしょう。日本で生まれて、広く使われてきた白砂糖は、身体を冷やすといわれたり、糖分が直接に身体に吸収されることから、最近は使わないという人が多くなりました。

身体によいとか悪いというのは一概には言えませんが、精製されていない、原料の風味が残る砂糖を使いたいという人が増えているのは事実です。みなさんはどんな砂糖を選んで使っているでしょうか。アメリカやヨーロッパでは、グラニュー糖が多く使われていますね。

選択肢としては、上白糖、グラニュー糖、きび砂糖、三温糖、ブラウンシュガー、黒糖、ザラ糖、和三盆など、砂糖はいろいろあります。

たとえば、煮物には三温糖、コーヒーや紅茶、洋菓子づくりにはグラニュー糖、普段の料理には上白糖というように、料理によって使い分けるのはいかがでしょうか。

料理に適したしょう油を

しょう油はいかがでしょうか。しょう油も種類が多いので、料理に合わせて、上手に使い分けることができたらいいですね。

最も一般的なのは、料理に万能な、こい口しょう油です。

お刺身などにおすすめなのが、生しょう油です。保存がきかないしょう油ですが、風味が良いので一度試してみてはいかがでしょうか。おいしいですよ。

うす口しょう油は、ぜひ常備しておくとよいでしょう。塩分が高く、すっきりした味わいで、ダシの風味を味わうときに使います。

たまりじょう油は、大豆だけで作られたしょう油で、トロリとした濃厚な味が特徴です。煮物に適したしょう油でしょう。

家庭では、こい口しょう油と、うす口しょう油。このふたつがあれば料理は万全です。

このような調味料には様々な種類がありますが、大切なのは、味を加えすぎないことです。味つけとは、あくまでも素材の味を生かすためのものです。

 

2015年7月1日
文:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
5 件のコメント

美しくて綺麗な海があって、お塩はその海のものです。お砂糖は、きび砂糖やてんさい糖をよく使いますが、好きなおやつは黒砂糖です。ずっと同じものを使っているけれど、調味料を見るのも楽しいですね。ありがとうございます。感謝。

料理の腕前はいまいちでも、調味料にはこだわりたい。ザルツブルクで出会ったピンク色の岩塩・いい風味でした😃このピンク色の塩を求めて、またザルツブルクに行きたい・・・

調味料への気持ちを正すこと…
食する人への…愛です…
ワタシの料理のきほん…

大事に…大事に…

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「えらぶ」のその他の記事

F6bc0de3e4f44ea206d373f629172f539e6f02fbcc23180f69aaeeadf7367320

トントントン どんな音?

まな板は料理に欠かせない道具のひとつ。みなさまはどんなまな板をお使いでしょうか。
B23dfc0f3715d1ebdf84116162395d4a2f10977839a097b8d65d392d2f066da6

水のかわりに

夏の太陽をたっぷり浴びた「トマト」。ジュースでおいしくいただきます。
B39d2b41ccbf4f3056e157cd86a60375dd794b22bad62540a6d0431c2fc11dc8

くいしんぼう1

くいしんぼう松浦弥太郎の買い物エッセイ。

新着記事

2dca05558a8b9fda548ecf3ecf48ebcf8fe77bed85069c96363711963201312b

スパイシーな 野菜のケーキ

サクサクしたにんじんの食感がたまらなくおいしい、シナモン風味のキャロットケーキはいかがでしょうか。
517487ac0054507650c451df0249b92ed9b107ce2594aeab8914099f85dc43e5

うれしい ごはんの友

これこそ、ごはんの友といえる、ちいさなおかずです。とってもかんたんで、おいしくて、万能な、じゃことししとうの炒め煮です。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ