絶品の麦とろをいただきましょう。

おいしい
ダシとろろ

文・写真・動画:松浦弥太郎 
文字サイズ

『東海道中膝栗毛』をご存知でしょうか。主人公の弥次さん喜多さんが、お伊勢参りに行こうと思い立ち、東海道五十三次を旅する、面白おかしい珍道中の物語です。すった長いもを、アツアツのむぎめしにたっぷりかけて、うまいうまいと、丸子の宿で食べた「むぎとろ」が印象的ですね。とびきりのおいしさに何杯もおかわりする二人の姿が目に浮びます。長いもの季節になりました。おいしいダシとろろをご紹介します。

材料(4人分)

長いも…1/2本(450gくらい)

玉子…1コ

かつお昆布ダシ…カップ1杯

しょう油…大サジ1杯

うす口しょう油…大サジ1杯

みりん…大サジ1杯

あおさ海苔(もみ海苔でも可)…適量

すり鉢で、きめ細やかに仕上げます。

作り方

1 鍋に、ダシとしょう油、うす口しょう油、みりんを入れ、ひと煮立ちさせて、しっかり冷まします。

2 玉子のカラザを取り、白身と黄身を溶きます。

3 皮をむいた長いもを、おろし器ですりおろします。手で持つところは皮をむかずに。残った長いもは最後に皮をむいて、みじん切りにしてすりばちへ。

4 すった長いもを、さらにすりばちですり、なめらかにし、溶き玉子を加えて、よくすります。

5 長いもに、少しずつダシ汁を加え、すり合わせて出来上がりです。

6 あおさ海苔をふりかけてお召し上がり下さい。おいしくて食が進むことうけあいです。

そばやうどんにかけてもおいしくいただけます。
2015年11月16日
文・写真・動画:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

炊きたてご飯に、なめらかで上品なお味のとろろ。口当たりがよくて、子どもがおいしいと喜びました。うどんにもかけてみたいと思います。ありがとうございます。感謝。

あぁ、なつかしい・・私の母のとろろ汁はお出汁に醤油ではなく、お味噌を使って味噌仕立てでした。麦飯にたっぷりかけて、元気に『おかわり!』と食べました😃

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「まごころ」のその他の記事

7a475a368e7e3cf9cec63e6430f426506d83f7b9760789c588c4d4d9f15ac338

はじめての お弁当

OKAPI-BENTOの北岡佳奈さんに聞く、はじめてのお弁当。
1b33b67f32db07706ea04ec99c9dd16618ddca91d38e0c3fdad6f4dc37073771

きほんの のり弁

お弁当の定番。のり弁はこんなふうに。
C5fed1ec64c0c40ebc7dfe4f3c6d9fbeebb89d1b2666a677d7b3b8dcebfee5aa

やさしく まんまるに

全粒粉とオートミールで作る栄養満点のカントリークッキーです。

新着記事

83ea36d5604c8c8b4cd2c5e6d0ea02ec4b6a7b15582b039fd34c9acc87dfc4e7

あまくて さわやか夏野菜

トマトソースで夏野菜を煮込む、おいしいラタトゥイユはいかがでしょうか。ごはんにもパンにも合う一品です。
32ba76d98efcd6378301839070c47ee0652dd635b80e3b133d723a42b8c79541

イタリアの もりもりサラダ

もう一品あればいいなと思う時におすすめ。たっぷりもりもり食べるヘルシーサラダです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ