絶品の麦とろをいただきましょう。

おいしい
ダシとろろ

文・写真・動画:松浦弥太郎 
文字サイズ

『東海道中膝栗毛』をご存知でしょうか。主人公の弥次さん喜多さんが、お伊勢参りに行こうと思い立ち、東海道五十三次を旅する、面白おかしい珍道中の物語です。すった長いもを、アツアツのむぎめしにたっぷりかけて、うまいうまいと、丸子の宿で食べた「むぎとろ」が印象的ですね。とびきりのおいしさに何杯もおかわりする二人の姿が目に浮びます。長いもの季節になりました。おいしいダシとろろをご紹介します。

材料(4人分)

長いも…1/2本(450gくらい)

玉子…1コ

かつお昆布ダシ…カップ1杯

しょう油…大サジ1杯

うす口しょう油…大サジ1杯

みりん…大サジ1杯

あおさ海苔(もみ海苔でも可)…適量

すり鉢で、きめ細やかに仕上げます。

作り方

1 鍋に、ダシとしょう油、うす口しょう油、みりんを入れ、ひと煮立ちさせて、しっかり冷まします。

2 玉子のカラザを取り、白身と黄身を溶きます。

3 皮をむいた長いもを、おろし器ですりおろします。手で持つところは皮をむかずに。残った長いもは最後に皮をむいて、みじん切りにしてすりばちへ。

4 すった長いもを、さらにすりばちですり、なめらかにし、溶き玉子を加えて、よくすります。

5 長いもに、少しずつダシ汁を加え、すり合わせて出来上がりです。

6 あおさ海苔をふりかけてお召し上がり下さい。おいしくて食が進むことうけあいです。

そばやうどんにかけてもおいしくいただけます。

「きほんのダシとろろ」のレシピをみる

2015年11月16日
文・写真・動画:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

炊きたてご飯に、なめらかで上品なお味のとろろ。口当たりがよくて、子どもがおいしいと喜びました。うどんにもかけてみたいと思います。ありがとうございます。感謝。

あぁ、なつかしい・・私の母のとろろ汁はお出汁に醤油ではなく、お味噌を使って味噌仕立てでした。麦飯にたっぷりかけて、元気に『おかわり!』と食べました😃

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「まごころ」のその他の記事

7a475a368e7e3cf9cec63e6430f426506d83f7b9760789c588c4d4d9f15ac338

はじめての お弁当

OKAPI-BENTOの北岡佳奈さんに聞く、はじめてのお弁当。
391f6a45c7f01d2e369b66fe8ccfec74dafabb97699b04d5ea549345e21f8366

カリカリで ふわっふわ

リッチなフレンチトーストを朝食にいかがでしょうか。
685221f1e832bc5dac2aff5b1a2f284728768d2500479ee7d371ac322c9d2101

こころを つつみましょう

こころをあらわす風呂敷のつつみ方。

新着記事

C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。
E1ca91475735453525dc6cc67d56639fd8c4d1c4a129969ba86ea75b8cb76b8a

ふろふきは やさしい母の味

家庭料理の定番、ふろふき大根はこんなふうに。一口食べればからだがぽかぽかとあったまります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ