わたしだけの花歩き

シークレット
ガーデン2

文字サイズ

東京・稲城市に暮らす、フラワースタイリストの増田由希子さん。フラワーアレンジメントの教室を主宰するほか、雑誌で花のある暮らしを提案したり、花器やリースなども作られています。

増田さんは、自然に咲く野の花が大好きで、いまの仕事をはじめられました。日ごろ、どんなふうに草花に触れていらっしゃるのか、いつものお散歩について、お話をうかがいました。

畑へ続く道。階段を下った右手が増田さんの畑。

「自宅の裏が山になっていて、そこに、およそ140平米の畑を借りています。野菜などは、ほとんど買わずにそこで作っています。わたしはよく、この畑へと続く道を歩いています。春は細筍が顔を出し、初夏には蛇苺が一面に広がります。秋は落ち葉、冬は霜を踏みしめる音を確認しながら階段を下っていきます。足元に季節の移ろいを感じるのです。」

畑仲間のおじいちゃんが植えた満開の野菊。

「それと、もうひとつ。懐かしい風景に出会える、お気に入りの散歩道があります。近くに、昭和40年代に建てられた大型団地があるのですが、桜など、年月が経っている樹木が素晴らしいのです。ここを歩くだけで心が晴れやかになります。ふと思い立った時に、気分転換に出かける、まさに私にとってのシークレットガーデンです。」

桜やモクレンなどの樹木が生い茂っています。

「団地の中庭には藤棚、大きな花壇もあります。芝生の庭には紫陽花、野菊、初雪草、ツルコケモモ、野ばら、スズラン、マーガレット、クロッカスなど、たくさんの草花が植えられています。日本に昔からある草花ばかりですが、それがなんとなく落ち着くのです。ずっと変わらない良さといいますか。」

花壇には、薄紅色の秋桜が空高く咲いていました。

「散歩をするときは、ただ、ぶらっと歩きます。そうしていると、突然、はっとする風景に出会うことがあります。一瞬の光が美しく感じられる時があります。美しい花の姿に出会うことがあります。そんなときは、携帯電話で写真を撮るようにしています。たとえ満開じゃなくても、朽ちていく姿が美しかったら、それをおさめればよいと思うのです。」

増田さんが花を生けるときに大切にしていることは、その花がどのように咲いていたのかを思い浮かべて、できるだけ自然の姿に近づけてあげること。ぶらぶら歩いて、花や草木がどのように育っているのか記憶に残す。四季の変化を感じながら、いつもの道をゆっくり歩く。これが、増田さんの散歩の仕方です。

協力:増田由希子(f plus

2015年11月12日
写真:増田由希子

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

買い物の帰り道、真っ赤な月下美人を見つけました。思わず写真を👀📷✨。
まるで火の鳥のようだと思いました。

『よく見ること』ボタニカルアートで花花💠を描くのが私の夢です。花びら一枚一枚がいとおしく・・日々の暮らしを豊かなものに彩ってくれるでしょう😃

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「すてきなこと」のその他の記事

Aa026f26b9d687f6d3fb2daf60d9a8ef965d5210eda39f4f620906418d5392bf

手縫いは 憩い

雑巾は主婦の片腕。手縫いのひとときを楽しみます。
8e66eb1d6625ea091b7bc2073b63daedb5eb555f295684dfbd24604954943eac

いちばん きれいなところ

家の中でいちばんきれいな場所。そこはお手洗い。
F541d92964217c7aa848b6f0e7c96b7ff1704667df3bd228cf87d48fdb2cbf59

ハーブの のみもの

ハーブを気軽に取り入れてみましょう。湯を注ぐだけで、おいしいハーブティーが出来上がります。

新着記事

30324d56ce41b8464e640b281869d9dab0d4b9c6c6d10bf9e4d536d681ba5c0e

あつあつで ポカポカな

トマトと唐辛子のソースがおいしいペンネ・アラビアータ。ひとくち食べれば、体がポカポカにあたたまる、そんな人気のパスタ料理です。
D1f05de653bf016c7be9c05dff7c2c231d2df85f03652ea07de5f32c9fb98bef

おから煮は 母の味

低カロリーで栄養満点な、おから煮を作りましょう。そのおいしさでご飯をおかわりしたくなる大人気のおそうざいです。お弁当のおかずにも大活躍します。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ