基本のおかず「かみなりこんにゃく」

かみなりさん
いただきます

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

炒めるときにバチバチとごま油を弾かせる、その名もかみなりこんにゃく。甘辛くてご飯がすすむ、昔ながらの家庭料理。炒めてから時間を置くと、こんにゃくに味がしみて、さらにおいしくなります。切れ目に味が入りますので、ていねいに庖丁を入れましょう。作り置きにいかがでしょうか。

材料

こんにゃく…220g(1枚)

サラダ油…大サジ1杯

日本酒…大サジ3杯

しょう油…大サジ1と1/2杯

てんさい糖(砂糖でも可)…大サジ1杯

かつおぶし…適量

作り方

1 表と裏の面に、斜め格子の切れ目を、しっかりと入れます。

2 こんにゃくを1センチ幅に切ります。

3 鍋の湯で、こんにゃくを3分ほどゆでて、ザルに上げます。

4 フライパンにサラダ油を入れ、強火でしっかり炒めます。油がバチバチと弾けますのでご注意ください。

5 弱火にして、日本酒、てんさい糖を加えて混ぜます。

6 しょう油を加えて、こんにゃくを炒めます。両面を炒めましょう。

7 3時間ほどおいて味を染み込ませます。

8 かつおぶしをかけて、お召し上がり下さい。

しっかり炒めるのがおいしさのコツです。
2015年11月6日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
4 件のコメント

ダイエット中の私にやさしい雷こんにゃく。簡単にできてとってもおいしいです。当分雷さんのお世話になりそうです。ごちそうさまでした。

ダイエットにもお財布にもやさしい雷こんにゃく、美味しくて大好きになりました。ごちそうさまでした。

とてもおいしくって大好きです。レシピをありがとうございます!

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「おさらい」のその他の記事

0ee67438cbe8ba61ee755d00a116d46be60c0fc65253ed079e79d07bc076d23b

手早く、 ていねいに

おいしいご飯を炊くために。白米のとぎ方をおさらいしましょう。
Df2b965340c7e7979e582da5d16980990d0d368316d6748066a449ccfb64602e

ワンツー ステップ

おいしいスパゲッティをいただくために、上手なゆで方についておさらいしておきましょう。
7631c8e4a0e0b98724a1113ef0617afa2a53e30483cd4efecd4bb675abb8e104

きほんの おひたし

おいしいおひたしが、こしらえられたらうれしいですね。OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに教えていただきました。

新着記事

Dc4504d5fe744aea3a4523d82394560fad019a129a1bbdeaa73b7ae402c0e603

たのしい ごま酢あえ

春の柔らかなキャベツに歯ざわりの良いアスパラと絹さやを合わせ、ごまたっぷりの風味豊かな合わせ酢であえます。
C100699c392f67799a6710de7a38938a2b9e141a550d31eb8c23cbd09244d775

大好きな つくね

お弁当に、おつまみにと、甘辛いたれをからめた鶏つくねは、みんな大好きな味。年代問わず愛されるメニューは、大勢集まる日の一品にもおすすめです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ