基本のおかず「かみなりこんにゃく」

かみなりさん
いただきます

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

炒めるときにバチバチとごま油を弾かせる、その名もかみなりこんにゃく。甘辛くてご飯がすすむ、昔ながらの家庭料理。炒めてから時間を置くと、こんにゃくに味がしみて、さらにおいしくなります。切れ目に味が入りますので、ていねいに庖丁を入れましょう。作り置きにいかがでしょうか。

材料

こんにゃく…220g(1枚)

サラダ油…大サジ1杯

日本酒…大サジ3杯

しょう油…大サジ1と1/2杯

てんさい糖(砂糖でも可)…大サジ1杯

かつおぶし…適量

作り方

1 表と裏の面に、斜め格子の切れ目を、しっかりと入れます。

2 こんにゃくを1センチ幅に切ります。

3 鍋の湯で、こんにゃくを3分ほどゆでて、ザルに上げます。

4 フライパンにサラダ油を入れ、強火でしっかり炒めます。油がバチバチと弾けますのでご注意ください。

5 弱火にして、日本酒、てんさい糖を加えて混ぜます。

6 しょう油を加えて、こんにゃくを炒めます。両面を炒めましょう。

7 3時間ほどおいて味を染み込ませます。

8 かつおぶしをかけて、お召し上がり下さい。

しっかり炒めるのがおいしさのコツです。
2015年11月6日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
4 件のコメント

ダイエット中の私にやさしい雷こんにゃく。簡単にできてとってもおいしいです。当分雷さんのお世話になりそうです。ごちそうさまでした。

ダイエットにもお財布にもやさしい雷こんにゃく、美味しくて大好きになりました。ごちそうさまでした。

とてもおいしくって大好きです。レシピをありがとうございます!

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「おさらい」のその他の記事

0ee67438cbe8ba61ee755d00a116d46be60c0fc65253ed079e79d07bc076d23b

手早く、 ていねいに

おいしいご飯を炊くために。白米のとぎ方をおさらいしましょう。
Df2b965340c7e7979e582da5d16980990d0d368316d6748066a449ccfb64602e

ワンツー ステップ

おいしいスパゲッティをいただくために、上手なゆで方についておさらいしておきましょう。
7631c8e4a0e0b98724a1113ef0617afa2a53e30483cd4efecd4bb675abb8e104

きほんの おひたし

おいしいおひたしが、こしらえられたらうれしいですね。OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに教えていただきました。

新着記事

07c05d04f62a8f4b5b278d668a17bb68b3384dc3b91c8b7f669ba0688474bd5d

ていねいに作る いちごのデザート

コップの底でつぶして作る、いちごのデザートはいかがでしょうか。そのまま食べても良いですし、アイスクリームやヨーグルトにかけてお楽しみください。
2d511d93d286bbad9310c26ecebe92ddfbcd9140081a2d69c88a14114d07107e

ぽかぽか 絶品ポトフ

寒い日は、野菜をたっぷり使った、あつあつポトフで温まりましょう。ポトフは茹でて煮るだけ。フランスのかんたん家庭料理をどうぞ。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ