浴室の掃除、どんなふうに

毎日掃除で
洗剤いらず

文・写真:松浦弥太郎 
文字サイズ

浴室のお手入れは大切です。浴室は毎日使う場所ですから、それだけ汚れる場所なのです。しかも、高温多湿というカビが最も好む環境ですから、手入れを怠ると、すぐにカビが生えてしまいます。

カビ防止のためには、浴室の温度をいつも下げておくことです。

汚れはこんなふうに

浴室は、人の肩の高さより下の部分に、汚れがつきやすいと言われています。掃除する時は、シャワーで水をかけ、ざっと汚れを流し、スポンジでこすります。毎日掃除すれば、浴室用洗剤を使わずに、かんたんに汚れを落とすことができます。

壁をスポンジで掃除する時は、スポンジを円を描くように動かし、下から上へと掃除していきます。ちなみに、浴室でもっとも汚れているのは、床から10センチの壁と排水口です。汚れが落ちにくい時は、浴室用洗剤を使用しましょう。

入浴後は、カビの発生を防ぐために、浴室全体に熱いシャワーをかけて、石鹸カスや垢などをしっかり流しましょう。その後、水のシャワーをかけて、温度を下げることがポイントです。湿気をとるために、窓を開けたり、換気扇を回しましょう。

慣れてしまえば、浴室掃除はそれほど時間はかかりません。

カビが生えたら

塩素系のカビ取り用洗剤は、取り扱い説明書をよく読んでから使いましょう。カビ取り専用のスポンジを用意し、カビに洗剤を吹きかけ10分ほど置いてから、スポンジできれいにこすります。頑固なカビには、洗剤の湿布が効果的です。カビの部分に、洗剤を染み込ませたティッシュで湿布し、時間を置きます。カビが取れない時は、何度か湿布を繰り返すとよいでしょう。

習慣にしましょう

浴室の掃除を毎日行えば、カビが生えることがなく、毎日気持ちよく入浴できるでしょう。見えにくい場所は掃除がされにくいので、そういう場所こそ毎日きれいにする習慣が大切です。いつも水で流しているからきれいと思ったら大間違い。浴室は使った分だけ、汚れていると認識しましょう。

いつも乾燥させるように心掛けます。
2015年11月5日
文・写真:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

最後に冷水!この大事なポイントをこれから補足します。
いつもありがとうございます😊
今日も良い1日を🍀

入浴後に熱いシャワーをかけてたら、カビが減りました。今まで水をかけていたのです。まず先に熱々ですね。ありがとうございました!感謝。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「たしかめる」のその他の記事

Ff41a07f666b8554361173878a620d55758ada1b60e4da0be488e184174ea304

うきうき わくわく

お菓子を作ってみようかなと思っている人へ。
850d90bad6c122b31208085fac12e3f869b402b6e39d8d2512789fb76bdb6f94

小そうじの すすめ

役に立つ小そうじチェックリストがあれば安心です。
E2912a3044b43b9f4a92d0ca1536718f6de6e0a2b6e3c040f638ec10fbcd238b

うどんの つゆ

おいしいうどんはこんなふうに。

新着記事

30324d56ce41b8464e640b281869d9dab0d4b9c6c6d10bf9e4d536d681ba5c0e

あつあつで ポカポカな

トマトと唐辛子のソースがおいしいペンネ・アラビアータ。ひとくち食べれば、体がポカポカにあたたまる、そんな人気のパスタ料理です。
D1f05de653bf016c7be9c05dff7c2c231d2df85f03652ea07de5f32c9fb98bef

おから煮は 母の味

低カロリーで栄養満点な、おから煮を作りましょう。そのおいしさでご飯をおかわりしたくなる大人気のおそうざいです。お弁当のおかずにも大活躍します。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ