おいしいじゃがいも餅

まいにち
食べたい

文・写真・動画:松浦弥太郎 
文字サイズ

いも餅をご存知でしょうか。北海道では、いも団子と呼ばれたりしています。日本各地には、古くから様々な料理法のいも餅があります。今回ご紹介するのは、片栗粉を使わず、すったじゃがいもをそのまま焼くじゃがいも餅です。あつあつがおいしい、毎日食べたいおやつです。

材料(2人分)

じゃがいも…2コ

塩…適量

黒コショー…適量

サラダ油…適量

作り方

1 じゃがいもの皮をむきます。

2 おろし金でじゃがいもをすり、塩と黒コショーを、それぞれひとつまみ加えます。

2コのじゃがいもで4枚分になります。

3 中火のフライパンに、サラダ油を少し多めに入れ、じゃがいもペーストを、スプーンで丸く落として焼きます。焼きながら揚げる感覚で。

4 最初の3分ほどフタをして、蒸し焼きにします。フタを取る時に油がはねやすいので注意してください。

5 裏返して、かるく焦げ目をつけて、カリッと焼き上げましょう。お好みで、塩を振ったり、マヨネーズやケチャップを添えて召し上がりください。

*チーズやツナ、コーンなどを、フライパンに落とした後、表面にトッピングして焼くと、さらにおいしさが楽しめます。

外はカリカリ、中はもちもちのおいしさです。
2015年11月2日
文・写真・動画:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
8 件のコメント

なんてシンプルな!春休みに入った子供達と一緒に作っていただきまーす(●^o^●)

小さい頃、祖父がよく作ってくれました。
懐かしい大好きな味です。

私も夜に作ろうと思います。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「うれしい」のその他の記事

4f3c818bdebb6a377481f274942760338ef2874ebb0ff974fb94bc7c5875b843

つけたりのせたり はさんだり

叩いた梅干しに、かつおぶしをたっぷり混ぜて作る梅かつおはいかがでしょう。
D4a8c0f116bb7ef47dcc8dde03d5e00ba578676c9e9354bd863ebb70447c83ff

さっくり ふんわり

お菓子は、楽しみながらつくることが大切です。まずは、きほんのバニラクッキーから。手順をよくご覧ください。
92e7ada0512c68c216d47d6beadd6f27fd4f199c7993c56121481b1dbd36b294

おいしい あまから

OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに、基本のきんぴらについて教えていただきました。

新着記事

61aa5b82f775ac9f3ca1ecce80f6ec6650151bb8a13a0c4471b16985b36e64fd

とびきり ツナサンド

いつものツナサンドをもっとおいしく。作り置きにもなるツナペーストです。たっぷり作って楽しみましょう。
2e3ef30a0e89103e2abbbd6095ddccfed69dd6c541db42c5ba69b220fa2db7da

そら豆は こんなふうに

待ってました。初夏だけのごちそう、そら豆のマッシュ。そのままでも、パンにのせたり、サラダや、ローストしたお肉に添えてお楽しみください。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ