「ジョエル・ロブション」のプチカヌレ

くいしんぼう1

文・写真:松浦弥太郎 
文字サイズ

フランスのボルドー女子修道院で作られた伝統焼き菓子のカヌレが大好物だ。もう随分前になるが、パリのヴァンブー蚤の市で、アンティークのカヌレ型をいくつか見つけた時は小躍りして喜んだ。

  • 9c80de3d6f6bedd513278d81612e4c9d58d6f537b9ebdc448b64ca8a3afcffbc
  • 27768769adac77ff9e8bb8646b6d2af74f2e45d730ce1af644d1009779f80422
  • B6287fb830cf3e813a47b43a0ec90135e6bd9e0a76bc6ebcccb2207fc0659412

昔から僕はミニチュアと呼ばれるものに目がなく、本来大きなものが、手の平サイズに縮小されていて、しかもしっかりと用と成すとなると、思わず両手で抱きしめたくなる。カヌレというお菓子は、昔の僧侶の帽子を型にした、溝のある昔ながらのケーキ(クグロフ)が、そのまま小さくなっているだけでもたまらないのだが、そのおいしさが、小さくなってさらに増しているという、夢のようなお菓子なのだ。

「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」のプチカヌレ(237円)は、通常のカヌレ(345円)でも充分なのに、もうひとまわり、さらに小さくするなんて、僕のような小さいもの好きからすると、パン、パン、と胸を二三発撃ちぬかれるような衝撃的な嬉しさがある。まわりの皮が香ばしくてカリカリ、中身がふっくらモチモチ。ラム酒と卵黄、バニラによる豊潤な甘さが実においしい。半分に切った断面の美しさといったら、しばらく眺めてうっとりしたいくらいだ。

「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」のプチカヌレを手土産に買う時、店員さんに「プティカヌレを6コください(6コがきれいに箱に収まるのもたまらない)」と言うのは、「オーボンヴュータン」の河田勝彦さんが「プチ」を「プティ」と堂々と発音していたことの真似である。店員さんが「かしこまりました」と、いつも以上に感じ良く応対してくれるのは気のせいだろうか。今日もくいしんぼう。

*「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」はこちら

2015年10月27日
文・写真:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
4 件のコメント

この記事がとても好きです。何度も読みました。小躍り。夢のよう。衝撃的なうれしさ。うっとり。プティ。躍動感があり、ワクワクに満ちあふれていてすてきです。しあわせが伝わってきて、しあわせになれます。ありがとうございます。感謝。

シャンソンをBGMに…
お気に入りの写真集と…
エスプレッソと…

…幸せ…

お焦げのところもいいんですよ?
カロリーが高いし、プックリの自分のお腹といつも格闘しますが…買っちゃうんですよ、意志に負けてね

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「えらぶ」のその他の記事

683570ece69a85d4307d8b3580d9ad94fe4c14849bc90c1e0d500b8d6a751377

素材の味を 生かす

料理で一番大切なのは塩加減と、塩の選び方であると、多くの料理人がいいます。
B23dfc0f3715d1ebdf84116162395d4a2f10977839a097b8d65d392d2f066da6

水のかわりに

夏の太陽をたっぷり浴びた「トマト」。ジュースでおいしくいただきます。
F6bc0de3e4f44ea206d373f629172f539e6f02fbcc23180f69aaeeadf7367320

トントントン どんな音?

まな板は料理に欠かせない道具のひとつ。みなさまはどんなまな板をお使いでしょうか。

新着記事

E2efeac130d7c06af810f21e7e613a65b550ae67e976536daedc549d17227f34

スペインふう サーモンの南蛮漬け

今夜の副菜に、サーモンのスペインふう南蛮漬けはいかがでしょうか。おべんとうのおかずにも、おつまみにもおいしくいただけます。
77f26591a141e5e5dd7439cf4287675d3124d9fae067a730a024b71c50c670d8

こころときめく オムライス

オムライスのおいしさは、チキンライスとふわふわオムレツのコンビネーションです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ