まずは、このコツで

収納の
きほん1

文・写真:松浦弥太郎
文字サイズ

収納にお悩みの方は多いでしょう。テーブルの上、部屋のコーナー、引き出しの中、クローゼットなど、きれいに片づけたいと思う場所は、いくつでも思いつきます。けれども、モノが多いのでなかなか、かんたんにはいきません。さて、どうしたらよいのでしょうか。

収納とは

収納とは、日々の暮らしや仕事で使うモノを、いつでも使いやすい状態にしておくことです。「とりあえず」と、空いたところにぎゅうぎゅうに詰め込んだり、所狭しと置いたりすることではありません。「とりあえず」は禁句にしましょう。

風通しよく、すっきりした収納を。

日々使うモノ、あまり使わないモノを、きちんと分けることです。日々使うモノは、さっと出したり、すぐに仕舞うことができる状態にしておきます。

心がけのおさらい

部屋にしても、収納場所にしても、暮らしのスペースは限られています。そのスペースを一杯まで使ってしまうから、なかなかすっきりしないのです。心がけるべきことは、自分の暮らしのスペースと、持ち物の量がどのくらいかをよく見計らって、つねに八分目くらいの収納に気をつけることです。何かを増やしたら、何かを減らすというように、八分目以上の量にならないように管理をします。

増える一方の本や雑誌が悩みの種です。

こんな習慣を

収納の悩みで多いのが、台所道具や食器、衣服、そして本や雑誌ではないでしょうか。すべての数と量をチェックしてみましょう。やはり、日々使うモノを優先にして、あまり使わないモノは減らすようにします。コツのひとつとして最も大切なのは、

数と量のチェックを月に一度の習慣にすること。そして、その時に必ず整理整頓をすることです。

そうすることで、自然とモノを整理したり、むやみに増やさないようにしたり、自分なりのルールや工夫が思いついたりするものです。モノの選び方も変わっていくでしょう。解決よりも、改善という心持ちで取り組むとよいでしょう。

2015年10月6日
文・写真:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
5 件のコメント

毎日の中で、物を持ったときに数秒止まります。そして「ときめきはあるかな?」と心にたずねます。ときめきがあるものを残していく…を続けていたら、おうちがスッキリ!八分目できました。七、六、五と楽しみます。すてきな記事をありがとうございます!

月に一度の習慣にする。一度にたくさんではなく、少しずつ月に一度チェックするなら、楽しくできそうだと思えました。ありがとうございます。感謝。

台所、いつも気になっていました。ボールや鍋、最小限にしてみました。すると隙間ができ、出し入れがとても楽になりました😃

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「こころがける」のその他の記事

56f29be8b114643116ad9d9ccb1e1f8ab8db10c152b2d569f6532c428d94d6cb

とても いいこと 3

料理において材料を切ることは欠かせないことです。切り方は、何が大切なのかを考えました。
C95bd2682b1bee3101f153ec0b017f24f71530569e370d79912bf482522e8ea3

乗り物の エチケット 4

知っておきたいマナーのあれこれ。くらしのきほんチャーミングスクール。
25b4229274df6e85fb05eca1312317f13b1337a8f2e35e033b5f2f14eea703d5

おそうじ当番 3

重曹で台所道具をぴかぴかに。

新着記事

F7901a0a158cf965f1c557ee08d0209243f8978804f720c4c6ac30c6414254f3

しゃれた チーズのおつまみ 3

おもてなしのおつまみにチーズフライはいかがでしょうか。チーズに衣をつけてカラリと揚げるかんたん料理です。そのとびきりのおいしさに笑顔がこぼれます。
60d3cd116c6c2a8875586c40ad18acd787db7275bb2f4d33ad646444ce274559

探していたのは このおいしさ 4

栄養満点、じゃがいもの風味をたっぷり生かした、きほんのポテトサラダ。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ