サンプルが完成。販売日決定しました。

エプロン
プロジェクト3

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

エプロンのことを、こんなに考えているのは、はじめてのことです。どんなエプロンがよいのか、うれしいのか。どんなエプロンなら料理が楽しくなるのか。寝ても覚めても、あれこれ思い悩んでいます。「考えるよりも手を動かす。手を動かしながら考える」という、祖母の言葉を思い出し、早速サンプル作りを業者に依頼しました。

デザインの元は

リネン生地で、色はネイビーとベージュ、ポケット付き。軽くて着心地が良くて機能的、シンプルで飽きのこないデザイン。私たちはこんなエプロンを望んでいます。

そんなある日、昔、パリの蚤の市で手に入れたアンティークのエプロンのことを思い出しました。そのエプロンは、フランスでは定番とされるデザインらしくて、直線裁ちの手法で作られたものでした。「これだ!」と思いました。生地はほぼ正方形。正方形の上の部分を、両側から斜めに折って縫製してあり、エプロンの胸の部分が出来上がっています。なんて合理的なデザインなのかと感動しました。生地が正方形なら、洗濯しても干しやすいし、曲線が無いので縫製もしやすいのです。

正方形の上の角を、三角に折るだけのデザイン。

国産のリネン

サンプルを作っていただく業者さんに、おおまかな寸法を指示して、布地はリネンでお願いしました。リネンは軽くて、シワになりずらく、風合いがよい国産のものを選びました。サンプルをすぐに縫製してくれるとのことで喜びました。

サンプルの作り直し

業者さんの協力で、最初のサンプルはあっという間に出来上がりました。直線裁ちのおかげで、かわいくなり過ぎず、機能的で無骨な感じがとても気に入りました。特に、胸の部分がゆったりしていながら、しっかりと胸を覆ってくれるのが特徴です。

しかし、身幅と丈、ポケットの位置と深さの調整がどうしてもうまくいきません。業者さんの元で、試着をしては、縫製をほどいてを繰り返しました。この作業で一週間以上かかりました。納得のいくバランスの寸法がなかなか見つけられなかったのです。

友だちになれそうな

身長155センチを基準にし、それより前後10センチの幅を考慮して、きつくなく、ゆるくなく、肩がこらずに動きやすい寸法出しをしました。簡単そうですが、こんなにむつかしいとは思いませんでした。しかし、その黄金比のバランスを、苦労の末、やっと見つけることが出来ました。細かなパーツをこだわって調整し、ようやく納得の出来るサンプルが完成です。ここまでの道のりの長かったこと。サンプルを着用して料理もしてみました。

洗濯をして、縮みや色落ち具合を確認したり、ほつれが無いかなどの点検もしました。友だちになれそうなエプロンです。歩きやすさもテストしました。

胸部分を折れば、前掛けタイプにもなります。こんなふうに優れた2通りの使い道。

エプロン・プロジェクトはまだまだつづくのです。

2015年9月28日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「かんがえる」のその他の記事

0df6852d3aa14134991914fbbc30d09c2c4ed85ee0ead564770dc6d86ab60646

お弁当 こんなふうに 1

OKAPI-BENTOの北岡佳奈さんに聞くおべんとう作りのコツ。
6d1db7fd7cfcb78eea09784eb1247c06b5b278f9b2fd3ef48dff868c69a09b23

エプロン プロジェクト1

どんなエプロンが使いたいのか。ほしいのか。毎日使うエプロンの話。
49f8362a29a382018420381ad6f3eb1629aded2f41103a20e4924a4ea2d0826c

エプロン プロジェクト2

とにかく、みんなエプロンが大好きなんです。

新着記事

6eccbdaed72585bd4418d2cf839730d5770a3e51ebb72103f5e76359724743e3

夏の疲れに 温めんを 3

夏でも肌寒い日やエアコンなどで、意外とからだは冷えがち。そんなときに、体も心も温めてくれるレシピを枝元なほみさんに教わります。
10cacd07a2e8c43c5688d7b7ac3c4aa601db3e0c49d4c64590c037ec136e5561

シンプルな メロンサラダを 1

メロンをサラダ仕立てにしてみませんか。生ハムのほどよい塩けがメロンの甘みと調和して、ごくシンプルでいながら感動の味わいに。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ