きほんのお茶漬け

味よく
かわいらしく

文:松浦弥太郎 写真・動画: 元家健吾
文字サイズ

お茶漬けのはじまり

お茶漬けは、煎茶やほうじ茶が広まった江戸時代に生まれたといわれています。下働きする奉公人が、漬物とご飯で手早く食事をする習慣が、いつしかファーストフードの原点のようになり、多くの人に親しまれてきました。お茶漬けの種類は数えきれないほどあり、その時のありあわせで作るのが、お茶漬けの醍醐味であり、おいしさのひとつなのです。

きほんのお茶漬け

お茶漬けはかんたんです。かんたんだからこそ、手を抜かずにこしらえると、ひと工夫のおいしさが際立ちます。きほんの昆布のお茶漬けをご紹介します。

材料

ご飯…適量(茶碗にお合わせください)

煎茶…適量

昆布の佃煮…適量

ちりめんじゃこ…適量

あられ…適量

作り方

1 ご飯を、おにぎりを作る要領で、軽く握ります。あまりちからを入れないように注意しましょう。

2 上下を平らに俵型に握ったご飯を、器に盛ります。

3 ちりめんじゃこを混ぜた昆布の佃煮を、ご飯の上に適量のせて、あられを振ってください。お菓子のように盛り付けます。

ちょっとしたひと工夫で、見た目よく。

4 ご飯のまわりから、熱い煎茶を注いでいただきます。お茶の量はご飯の七分目くらいがよいでしょう。

鮭のお茶漬け

昆布かつおダシで、さらさらっといただきます。

鮭の身を食べやすくほぐし、うす口しょう油をほんのわずか加えて混ぜます。ご飯は、昆布のお茶漬けと同じように準備します。あさつきを加えると、色合いも良く、味もさっぱりといただけます。鮭のお茶漬けは、煎茶ではなく、塩をひとつまみ加えた、昆布かつおダシをかけます。

たかがお茶漬け、されどお茶漬けです。こんなふうにていねいにこしらえるだけで、見栄えよく、うれしいごちそうになります。お試しください。

「昆布のお茶漬け」のレシピをみる

「鮭のお茶漬け」のレシピをみる

2015年9月21日
文:松浦弥太郎 写真・動画: 元家健吾

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

寒い朝の我が家の定番…
一日の始まりだからこそ…
より丁寧に…?✨

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「すてきなこと」のその他の記事

Aa026f26b9d687f6d3fb2daf60d9a8ef965d5210eda39f4f620906418d5392bf

手縫いは 憩い

雑巾は主婦の片腕。手縫いのひとときを楽しみます。
8e66eb1d6625ea091b7bc2073b63daedb5eb555f295684dfbd24604954943eac

いちばん きれいなところ

家の中でいちばんきれいな場所。そこはお手洗い。
F541d92964217c7aa848b6f0e7c96b7ff1704667df3bd228cf87d48fdb2cbf59

ハーブの のみもの

ハーブを気軽に取り入れてみましょう。湯を注ぐだけで、おいしいハーブティーが出来上がります。

新着記事

C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。
E1ca91475735453525dc6cc67d56639fd8c4d1c4a129969ba86ea75b8cb76b8a

ふろふきは やさしい母の味

家庭料理の定番、ふろふき大根はこんなふうに。一口食べればからだがぽかぽかとあったまります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ