テーブルの拭き方

こころも
すっきり

文・写真:松浦弥太郎 
文字サイズ

拭き方はいろいろ

私たちは一日に何度もテーブルを拭きますが、みなさんはどんなふうに拭いているでしょうか。いろいろな人にテーブルの拭き方を聞いてみました。

すると、ぬらしたフキンを、よく絞って使うのは同じですが、円を描くように拭く人。前後に動かして拭く人。ジグザグに動かして拭く人。ごしごしとちからを入れて拭く人など、それぞれ違っていました。さて、正しい拭き方は、どんな拭き方でしょうか。

急がずゆっくりと拭きましょう。

よく絞ること

テーブルの拭き方をおさらいしてみましょう。まずは、フキンを濡らし、絞って水気を切ります。水気をよく絞っていないと、いくら拭いても、水気で汚れを広げてしまうことになりますので注意です。濡れ跡がつかないようにフキンはしっかり絞ることです。

奥から手前に

水気をよく絞ったフキンを、手の平より少し大きめに畳みます。右利きの方でしたら、テーブルや食卓の右上奥にふきんを置いて、そのまま左に、フキンの全体にちからがかかるように動かします。左上奥に行きましたら、少し下にずらし、左から右へと動かします。そんなふうにして、奥から手前へと拭いていきます。最後はテーブルの一番手前までを拭ききります。こうすれば、小さなゴミや汚れが散らばらずに、最後のひと拭きでまとめられるでしょう。

テーブルを拭くことも料理のひとつです。

できれば乾拭きを

いくらしっかり水気を絞ったフキンでも、わずかに水分が残っていますので、しっかり拭いたテーブルは濡れた状態です。ですから、乾いたフキンでもう一度同じように拭きます。これで完璧です。きれいなテーブルに、器やお皿を置くと、不思議といつもよりすてきに見えるものです。

心をこめる

きれいに拭いたテーブルで、食事や仕事をすると、たいへん気持ちがよいものです。単に汚れを取ればいいということではなく、何かをする前と後に、心をこめて準備をし、片付けをするということが、大切な作法なのです。どんなに忙しくても、この時だけは心を鎮めて、ゆっくりと行いましょう。

2015年9月25日
文・写真:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

つい乱雑になりがちな我が家のテーブル。時々きれいに何も置かず片付けるとなんとスッキリ。気持ちいいを続けたいです❗

食卓を拭くことから一日が始まり…
食卓を拭くことで一日が終わる…

我が家のきほん…
家族の大切な場所…

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「おさらい」のその他の記事

0ee67438cbe8ba61ee755d00a116d46be60c0fc65253ed079e79d07bc076d23b

手早く、 ていねいに

おいしいご飯を炊くために。白米のとぎ方をおさらいしましょう。
Df2b965340c7e7979e582da5d16980990d0d368316d6748066a449ccfb64602e

ワンツー ステップ

おいしいスパゲッティをいただくために、上手なゆで方についておさらいしておきましょう。
7631c8e4a0e0b98724a1113ef0617afa2a53e30483cd4efecd4bb675abb8e104

きほんの おひたし

おいしいおひたしが、こしらえられたらうれしいですね。OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに教えていただきました。

新着記事

C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。
E1ca91475735453525dc6cc67d56639fd8c4d1c4a129969ba86ea75b8cb76b8a

ふろふきは やさしい母の味

家庭料理の定番、ふろふき大根はこんなふうに。一口食べればからだがぽかぽかとあったまります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ