使いたいエプロンを作る

エプロン
プロジェクト1

文・写真:松浦弥太郎
文字サイズ

毎日の料理で必ず使うものに、エプロンがあります。エプロンは、料理をすることで洋服を汚さないための衣類でもありますが、それだけでなく、身につけることで、「よし、料理をしよう」と、気を引き締めるものでもあります。不思議なことに、エプロンをつけている時と、つけていない時では、料理への集中力が違うように思えるのです。みなさんはいかがでしょうか。しかも、エプロンを身につけると、料理自体が楽しくなるようにも思えます。エプロンとは、自分をコックさんに変身させてくれる、魔法の道具のようだと思うのです。

毎日使うなら

毎日料理をするなら、エプロンも毎日身につける。それなら、どんなエプロンがよいのでしょうか。「くらしのきほん」編集部では、日々料理の試作をしたり、記事作りや、撮影のために料理をしています。もちろんエプロンを使っています。毎日使うものだから、自分が気に入るものを選びたい。このエプロンなら、どんな料理にもチャレンジ出来るし、日々のお弁当作りや、献立作りも、頑張れる。そんなエプロンはどこにあるのでしょうか、と考えていたら、いっそ自分たちで作ってしまえばよいのではと思いました。いや、作りたいと思いました。

お気に入りのエプロンが欲しいのです。

プロジェクトがスタート

布を選んで、こんなふうに、あんなふうにと工夫を凝らして、最高のエプロンを作ってみようと私たちは決心しました。もしそのエプロンがほんとうに魔法のエプロンになるのなら、そのエプロンをたくさんの人に、知ってもらい、使ってもらい、料理をもっともっと楽しんでもらいたい。

ある日そんなふうにして、「くらしのきほん」のエプロン・プロジェクトがスタートしました。コンセプトは、「使いたいエプロン!」です。「これならぜひ欲しい。」みんなにそう言ってもらえるエプロンを作ろう、と編集部一同、心をひとつにしました。

つづく。

2015年9月17日
文・写真:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「かんがえる」のその他の記事

0df6852d3aa14134991914fbbc30d09c2c4ed85ee0ead564770dc6d86ab60646

お弁当 こんなふうに 1

OKAPI-BENTOの北岡佳奈さんに聞くおべんとう作りのコツ。
Df86dcacce4d380fdefaed97c1aaa0cac1963530fd482c3a68fbd6ba5dedc32e

目玉焼き 3

今日よりも明日。明日よりあさって。玉子2つがきほんです。
49f8362a29a382018420381ad6f3eb1629aded2f41103a20e4924a4ea2d0826c

エプロン プロジェクト2

とにかく、みんなエプロンが大好きなんです。

新着記事

C8b609a0bb92ab995efa419f9fb671cc990c3f8ca4a1353efdd1e559528e09e4

大好きな あなたへ 1

チョコレート・バークをご存知でしょうか。樹の皮を模したアメリカのチョコレート菓子です。
2ecf2f2939fcf74fb904a82c065f9c8994bebe7d84c8d7adab105798936d048b

とろりと甘い 作りおき

おやつの作りおき。キャラメルソースはこんなにかんたんです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ