米の保存のきほん

小分けで、
冷やすべし

写真:松浦弥太郎
文字サイズ

毎日いただくご飯。皆さんは、普段どのように米を保存されていますか。生鮮食品である米は、保存の仕方によって、炊き上がりの味が左右されてしまう、とてもデリケートな食品です。

米は、購入したままの袋で保存しておくと、管理や流通のために付けられている小さな穴から、水分が蒸発して、乾燥したり、湿気を吸ってしまうことがあるため、そのままでの保存には、適していません。

米の保存は、温度が低く、湿気が少なく、直射日光が当たらない、暗い場所が適しています。具体的に言えば、湿度が70%前後、温度が15度以下を、ほぼ一定に保ちつづける、低温の場所での保管ということになります。しかし、家庭で、このような場所を探すのはたいへんです。そこで、冷蔵庫で保存することをおすすめします。

買ってきたら冷蔵庫へ

冷蔵庫の中で保存すると、米粒が冷えるため、米のうま味を逃さずに、短時間でとぐことが出来、炊いているときに、米のうま味が出やすくなります。できれば、野菜室での保存がよいでしょう。野菜室は、冷蔵庫の中でも水物や香りの強いものが入らず、温度と湿度が一定なので、保存に適しています。

冷蔵庫に入れるときは、まとめて入れるのではなく、1回にとぐ量ごとに小分けをして、野菜室の底に敷き詰めるようにしてください。

一度の食事で炊く分を、しっかり計って、小分けしておきます。

小分けするには、チャックがついている密閉袋が使いやすくてよいでしょう。このように、小分けをしたほうが、米をとぐ時に便利ですし、敷き詰めることで、ほかの食材の邪魔になりません。また、保冷剤としても、クッションとしても、役割を果たしてくれます。野菜室のない冷蔵庫をお持ちの場合は、米を偏りなく冷やすために、冷気の吹き出し口から、いちばん遠いところに小分けして置いてください。

冷蔵庫で保存すると、常温で保存するよりも、精米直後の美味しさが長時間保たれますが、それでも、ひと月半ほどで食べきるようにしましょう。

協力:西島豊造(スズノブ

2015年9月14日
写真:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

お米を冷蔵庫で保存するのは、初めて知りました。
今度、精米仕立てを買ってきて、炊き比べしてみます。
お米をこまめに買いに行く、というのも社会や流通が便利になったからこその知恵ですね。
今日も良い1日を🍀

お米の保存、冷蔵庫とは❗早速試してみます🙆

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なるほど」のその他の記事

F198d4922188ce5b8c70ac3868403772cbf5239760708d73eff35e63d5709bb0

みそのこと いろいろ 5

みそを今日はこんなふうに。
3ab5d7c6efafa4f768bdae6cfe4d999abeb3d1294238ad9fa04e96f0cdfc829b

おいしい レタス 3

レタスのおいしさは下ごしらえにあります。
8f6e3f35cf24a648d4507b7663f7652ecfb6428f3720e71e0961726b0809dc68

100回 とぎます 3

玄米をおいしく炊きあげるには、とぎ方にコツがありました。

新着記事

874b49fc2d8718efd55d966816358c64bd7c87490681774be954f07cc5995967

ぜひとも、 この通りに 7

味つけはふたつまみの塩だけ。このチャーハンのおいしさに驚いてください。
4cd77ff78627db5c9100cac99ca282a7dd87c1c725e67a45d7fa8b43af93be35

おいしいの 合唱がはじまる 6

ヘルシーなきゅうりのスープはいかがでしょうか。シンプルゆえに、あまりのおいしさにびっくりします。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ