トマトソースはこんなふうに

やみつきになる
フレッシュな甘さ

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

[更新しました]

トマトソースを、ジャムのように手作りしましょう。オムライスやオムレツのソース、パスタやフライ、パンにのせるディップなど、あれば便利な一品です。丹念に切ったトマトを、玉ねぎと一緒にオリーブ油で炒めて、じっくり煮込んだおいしさは格別。自然な甘さがやみつきになります。スープでのばしてあたためれば、やさしい味のトマトスープにもなります。作りおきしておけば、とても重宝する万能ソースです。

材料(4人分)

トマト…800g(小7コくらい)

トマトペースト…50g

玉ねぎ…1コ

にんにく…1片

バジル…2本

ローリエ…2枚 

塩…小サジ1杯

オリーブ油…100cc

新鮮トマトたっぷりのヘルシーソースを作りましょう。

作り方

1 トマトのヘタを取り、十字に切り目を入れて、沸騰したお湯にトマトを入れます。1分ほどしたら氷水につけて、皮をむきします。

2 トマトを半分に切り、種を取り除いてから、ザク切りします。

きれいに切ると、それだけおいしく仕上がります。下ごしらえはていねいに。

3 玉ねぎ、にんにく、バジルをみじん切りします。

玉ねぎをじっくり炒めて、甘みを引き出します。

4 中火の鍋にオリーブ油を入れ、香りが出るまでにんにくを炒めます。たまねぎ加えて、焦がさないように注意しながら、5分ほど中火で炒めます。

5 トマトペースト、ローリエを加えて、よく混ぜ合わせ、トマトを加えます。

トマトと玉ねぎのうまみたっぷり、栄養満点なソースです。

5 塩を加えて、かき混ぜながら、弱火で45分ほどじっくり煮込んだら、出来上がりです。

6 茹でたパスタにのせたり、オムレツのソースなどにして、お召し上がりください。

パスタにたっぷりかけていただきました。ほどよい酸味と甘さが絶品です。
2017年5月1日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
4 件のコメント

できあがると、とってもうれしくて、食べると、とってもおいしくて、たちまち元気になれるトマトソースです。いつでも作り置きしたいです。ありがとうございました。感謝。

トマトの種をとるのはもったいなく感じていましたが、今回初めてやってみたら、旨味が濃厚なトマトソースが出来上がり感動しました。家族が多いので次は2倍量で作りたいです!

ふっくら、胃にもたれなくて食べ出がありました。お肉と炒めてスパゲティのソースにした翌朝は、パンに盛って楽しみました。野菜不足の身に優しいです。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「すてきなこと」のその他の記事

Aa026f26b9d687f6d3fb2daf60d9a8ef965d5210eda39f4f620906418d5392bf

手縫いは 憩い

雑巾は主婦の片腕。手縫いのひとときを楽しみます。
8e66eb1d6625ea091b7bc2073b63daedb5eb555f295684dfbd24604954943eac

いちばん きれいなところ

家の中でいちばんきれいな場所。そこはお手洗い。
F541d92964217c7aa848b6f0e7c96b7ff1704667df3bd228cf87d48fdb2cbf59

ハーブの のみもの

ハーブを気軽に取り入れてみましょう。湯を注ぐだけで、おいしいハーブティーが出来上がります。

新着記事

29cd0d9824947c1d0271d1e55a494df750a82c781fbf2ffc63cfe849a6c1455e

あの旅の おいしさを

ロメインレタスを使ったシーザーサラダ。試作を重ねてたどり着いた、絶品ドレッシングを紹介します。
F13a2ecf7dd953fe47ff016de3df46d67c05e72b2f5ca4df05ad3f6996d39acb

ぷりぷりな エビチリ

エビのていねいな下ごしらえがおいしさのコツ。ぷりぷりでピリ辛なエビチリはいかがでしょうか。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ