わたしだけの花歩き

シークレット
ガーデン

文・写真:田中真唯子
文字サイズ

夏が過ぎ、気がつけば柔らかい日差しになり、肌にあたる風もひんやりとして、秋の訪れを感じます。毎年この時期になると、子どものころ大好きだったキンモクセイの木を思い出します。街を歩いていると、突然ふわっと香る、心地のよいかおり。その先を行くと、橙色した、小さな花びらに出会います。

街を歩く時。いつもよりすこし、まわりの景色を意識しながら歩いてみてください。鮮やかな花の色や、雨あがりの緑のにおいなど、自然のうつろいを感じることができます。同じ自然界で生きる私たちにとって、たいへん心地よいことです。

花歩き。まずは、観察。

街を歩いているとき、偶然通りかかった家の庭や、道端で、かわいらしい花や、見たことのないかたちの葉を見つけることがあります。そんなときは、立ち止まって、近づいてみる。これが、花歩きのはじめの一歩です。

花を見るときは、記憶に残そうとせず、そのときの五感を使い、瞬間的に感じることが大切です。たとえば、この時期によく見かける「サルスベリ」の花だったり、「ダチュラ」の株だったり。目に入ったときに、この品種は何だろうと観察してみる。そうすると、色やかたちだけでなく、においまで感じとることが出来ます。通りすぎないで、ちょっと、眺めてみればいいのです。

  • 481b279b134342cc61d643c695f933871576f5e1c13bda28beba66636e18ff9e
  • 48e448fd2e64e502282306f78d290648a2add8182994115ad894e04bd20666b4
  • 87ca8347ca11524d969089a2cb3fcd89814e05033e0c513cd208b9b114f65626

東京・青山にある花屋「ル・ベスべ」の店主・松岡さんにお話をうかがいました。

「犬の散歩で、店の周辺を歩くことが多いんです。通りかかったマンションの1階に、パラパラと花びらが落ちているのを見かけると、その花びらが、どこからやってきたものなのか気になってしまうんです。見上げて、ベランダでブーゲンビリアを育てているのを見つけると、おっと思って、思わず立ち止まってしまいます。」

生き物が育つ場所

花や植物を育てるのに、庭がなければいけないとか、マンションには不向きだとか、そういった決まりはありません。花や植物、ひいては、生き物が好きな方というのは、場所など関係なく、しっかり育てているものです。ひと手間を怠っていない愛情のかけ方というのは、外から見て分かるものです。生き物を観察するときは、様々な場所を見てみましょう。

手入れがしっかり行き届いている

「たとえば、パッと見たかんじが煩雑としていて、発泡スチロールの入れ物の中で育てていたとしても、手入れされた植物を見かけると、「あ、この家の人は、こういう花が好きなのだな。」と、愛情が感じられるものです。たとえば、クチナシを育てている家を見つけたりすると、濃厚な香りや、虫に食べられている様子だとか、その庭ごとに、いろいろな個性があることが分かるんです。そういうところまで見て、感じとれると、自然って、しっかり循環しているんだなあと思います。」(松岡さん)

花を見て、歩く。ただ、それだけのことですが、ただ歩くことから、その姿勢を、視点を、すこしだけ変えてみるのはいかがでしょうか。

まずは、家のちかくを一周してみる。いつものお散歩コースがあれば、歩く距離をすこしだけ伸ばしてみる。歩くスピードをすこしだけゆっくりにしてみる。そんなふうに歩いてみることは、とても楽しいものです。

見ることを目的にせず、ぶらぶら歩いて、何気なく観察することを続けてみましょう。きっと、あなただけのシークレットガーデンが見つかることでしょう。

協力:松岡龍守(ル・ベスべ

2015年9月11日
文・写真:田中真唯子

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

私のシークレットガーデンは木曽路の奈良井宿にあると聞いたギンモクセイ。
白いその花の香りは金木犀と一緒とか・・行って見てみたいと思いながら、まだ叶えてはいない😃一緒に行こうと約束した夫の供養で今年は行こう。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「すてきなこと」のその他の記事

Aa026f26b9d687f6d3fb2daf60d9a8ef965d5210eda39f4f620906418d5392bf

手縫いは 憩い

雑巾は主婦の片腕。手縫いのひとときを楽しみます。
8e66eb1d6625ea091b7bc2073b63daedb5eb555f295684dfbd24604954943eac

いちばん きれいなところ

家の中でいちばんきれいな場所。そこはお手洗い。
Fb0a0b89eda1f7c0edc0a2b7a8ddb677adf3b2d9895a7f3aad67ab6cbaff70ee

おんがくの じかん

ベルギー在住のダンサー・池田扶美代さんから届く音楽のお便り。

新着記事

912e8767898c2400a5187d5173339ce0cf5aefddce4840edaf9b932f6531bb66

いざって時の まぜごはん

おいしいにんじんご飯はいかがでしょう。便利な作り置きとしてもおすすめします。
Cfc327aff7ee3408db4158535759b12277108fde2c6a777c7366434c009ac171

野菜たっぷり ふっくらオムレツ

スペインふうオムレツは小さめのフライパンで作りましょう。かりかりでふっくらと仕上がります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ